令和元年度中小企業診断士二次試験 事例4 再現答案

これから中小企業診断士試験を受験される方のご参考になればと思い、令和元年度の中小企業診断士二次試験(筆記)事例4の再現答案をここに記載いたします。

もちろん、私の解答が全て合っているわけではございませんが、解答を作る際の構成などご参考になれば幸いです。ちなみに、得点は62点でした。

事例Ⅳについては問題文を記載するのが難しいため割愛します。下記リンクからご確認ください。

与件文と問題文はこちらで見ることができます。

<再現答案>

【第一問】

(設問1)

①売上高総利益率 16.76%

棚卸資産回転率 3.13回

②固定比率    218.66% ※明らかに間違えています

(設問2)

配送コスト増や非効率な建材調達・在庫保有により、収益性と効率性悪化、長期借入金減少により、安定性良化

【第二問】

(1) 建95.33% マ69.39% 不3.52% 全89.09%

(2)(a)4,345(百万円)

   (b)共通固定費が含まれており、セグメント毎の計画が不明確。

(3)(a)91.49%

   (b)求める変動比率をx%とする。

    マーケット事業部の売上高、変動費は、

        196×1.1=215.6、136×1.1=149.6となり、

    マーケット事業部のセグメント利益は、

    215.6-149.6-101=△35となる。

    4,514×(1-x)-323-35+244-20=250を満たす式を解いて、

    X=0.91493… となるので、答えは91.49%

【第三問】

(設問1)△0.9 6.1  14.5  9.6  9.6

(設問2)(a)3.02年

     (b)12.63百万円

(設問3)(a)15.69%

          (b)原材料費と労務費の減少分の合計から、増加分の減価償却費と取得原価の

      合計の差を求め、その値が、(設問2)で求めた12.63(百万円)を上回ればよい

【第四問】

(1)(a)配送業務を親会社から分離でき、効率が上がり、収益が明確になる

   (b)単体で収益確保が難しい、コストが親会社と二重でかかる

(2)受発注や在庫情報共有により、タイムリーな建材配送を実現、コスト減少、効率よい調達・在庫保有につながり、収益性が向上する

また、別の記事でも記載いたしますが、私が使用していたツールはTAC出版のテキスト・問題集と、スタディングです。特にスタディングは通勤時、車での移動時、寝る前に聞き流していました。(合格体験記も記載しています)よければ見てみてください。

「月刊企業診断」9月号(同友館)に掲載されました

同友館社から発売されております、コンサルタント/中小企業診断士向け雑誌「月刊企業診断」の9月号内で「伝説の合格者たち」コーナーに掲載されました。 ストレート合格率4%の難関試験に独学で一発合格したノウハウを話しました。よ続きを読む “「月刊企業診断」9月号(同友館)に掲載されました”

良い人材を採用するために気をつけるポイント

今日のテーマ:良い人材を見極めて採用する 皆様おはようございます、高司です。今回は、良い人材を見極めて採用するために行うべき準備や面接で気をつけるポイントについて記載します。できればやる気のある、良い人材に入社してほしい続きを読む “良い人材を採用するために気をつけるポイント”

投稿者: 【中小企業診断士】高司浩史

高司浩史(たかじひろし)です。 大阪府出身、長野県在住、1988年生まれ、二児の父親です。 令和元年度中小企業診断士試験に独学でストレート合格、 令和2年度中小企業診断士登

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。