「月刊企業診断」9月号(同友館)に掲載されました

同友館社から発売されております、コンサルタント/中小企業診断士向け雑誌「月刊企業診断」の9月号内で「伝説の合格者たち」コーナーに掲載されました。

ストレート合格率4%の難関試験に独学で一発合格したノウハウを話しました。よろしければご覧ください。

当HPでも一部ご紹介しています

良い人材を採用するために気をつけるポイント

今日のテーマ:良い人材を見極めて採用する

皆様おはようございます、高司です。今回は、良い人材を見極めて採用するために行うべき準備や面接で気をつけるポイントについて記載します。できればやる気のある、良い人材に入社してほしいのが本音である一方、入社させてみると全く使えない人物だった、文句ばかり言ってきて、挙句の果てにはすぐに退職してしまった・・という経験はありませんか。

良い人材を採用するには、面接で単純な質問をするだけでは効果がありません。より良い人材を採用するために必要な質問や対応をご紹介します。

続きを読む “良い人材を採用するために気をつけるポイント”

社内の雰囲気を良くするコミュニケーション術

明るく楽しく仕事をして、業績UP!

おはようございます。高司です。今回は社内の雰囲気を良くするコミュニケーション術を紹介してまいります。そもそもなぜ雰囲気を良くする必要があるのでしょうか。

答えは簡単です。社内の雰囲気をよくすることが業績に直結するためです。

挨拶もないような暗い会社と、元気な挨拶が飛び交う明るい会社、どちらが毎日行きたいと思うでしょうか。暗く、ムスっとした顔をしている上司と、明るく笑顔が素敵な上司、どちらにすすんで相談したいと思いますか。自分が頑張っても誰も声をかけてくれない職場と、自分が頑張ったときは思いっきり褒めてくれる職場、どちらが働いていて楽しいでしょうか。

働く人の能力を最大限に発揮し、組織の成果を出すために、明日からできるコミュニケーション術をみていきましょう。

続きを読む “社内の雰囲気を良くするコミュニケーション術”

人材の育て方

日本では少子高齢化に伴い、働き手不足が声高に叫ばれており、特に中小企業においては全体の約7割が人手不足を実感しています。新しい人材が入ったものの、育て方がわからないという企業も多いのではないでしょうか。
終身雇用制が当たり前だった時代では、入社した会社に定年まで勤め上げるという考え方をもつ社員が多く、会社としても時間をかけて、現場で仕事を覚えさせることができました。

しかし、この時代においてそれは難しくなっています。
理由は、終身雇用制の崩壊、仕事や家庭に対する考え方の変化、男女共同参画社会、働き方に対する法規制・・などいろいろあります。

企業としては、入社した社員をできる限り早く一人前に育てる必要性があり、研修の方法も変化させる必要があります。
今回は、どうすれば丁寧かつ迅速に人材を育てることができるのか、そのヒントをお伝えしたいと思います。

続きを読む “人材の育て方”

独学で勉強を進める際に決めていたルール~スケジュールの立て方~

おはようございます、高司です。本日2本目の記事では、私が独学で勉強を進める際に決めていたスケジュールについて記載します。勉強を始める際にまず行ったことは、

一次試験日を目標として、長期スケジュールを立てた

です。

中小企業診断士の勉強を始めたのが2018年10月、一次試験日が2019年8月3日だったので、大まかにみて大体10か月ぐらいの時間が与えられていると考えました。

全く知識がない状態でしたので、必要なことは

・テキストを使って知識をインプットすること

・問題集を解くこと

・一次試験過去問を解くこと

でした。

過去の勉強経験(大学受験や他資格試験)からも、試験合格するために必要なことは

「決められた範囲の知識を効率よく網羅して(インプット)、問題に合わせて必要な形で引き出せるようにする(アウトプット)こと」だと分かっていました。

インプットばかりでもダメ、アウトプットばかりでもダメなので、バランスが非常に難しいです。一から始める勉強の場合、多くの内容が分からないことだらけですので、どうしてもインプットに時間を割きがちです。一つの内容が理解できなくて、そこで立ち止まってしまい、一冊のテキストが終わらなくなる・・という悪循環に陥ることだけは避けたいと考えていました。

そのために長期スケジュールを立て、2019年6月以降はテキストや問題集が途中でも過去問演習に取り組み始めると決め、月々の予定も下記のように決めました。

続きを読む “独学で勉強を進める際に決めていたルール~スケジュールの立て方~”
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。